コーヒーを飲んで運動したら効果が上がる、その理由に迫る!

コーヒーを飲んで運動したら効果が上がる、その理由に迫る!

コーヒーを飲んで運動したらなぜ効果が出るのか?

コーヒーを飲むと様々なメリットがあると言われています。

 

認知症予防、消化促進、集中力を高めるなど、色々な効能はありますが、一番のお勧めはダイエット効果なのです。

 

このダイエット効果とは、運動前にコーヒーを飲んで運動するだけ。

 

今回、このコーヒー効果について詳しく調べてみました。

 

コーヒーに含まれるカフェインは脂肪分解効果がある

コーヒーに含まれるカフェインは少量で人体の生理作用に良くも悪くも影響を及ぼす有機化合物、アルカロイドの一種です。

 

アルカロイドは一般に毒のイメージが強く、フグ毒、トリカブト、ニコチン、コカインなどが有名なのですが、アルカロイドは決して毒だけではありません。

 

コーヒーに含まれるカフェインもアルカロイドの一種です。

 

なんとこのカフェインは中性脂肪を分解させる酵素リパーゼの活性を助けてくれます。

 

その働きにより、体の中の脂肪が分解されてエネルギーとして消費されやすくなるので、カフェインを取ると脂肪を燃やしやすくなるのです。

 

コーヒーは運動を始める30分前に飲もう

コーヒーに含まれるカフェインが脂肪分解作用のあるリパーゼの働きを促進してくれることが分かったところで、今度は一体いつ飲めばいいのでしょうか?

 

コーヒーを飲んですぐ運動するのかしら?

 

いえいえ、運動を始める30分前くらいに飲んでください。

 

これは30分後位から、じわじわと効果が出やすくなるとの研究結果が出ています。

 

コーヒーのカフェインが脂肪を燃えやすい身体にしてくれるまで時間が30分ほどかかるそうです。

 

飲む量はコップ一杯200ml位でよく、お砂糖やミルクは入れない方がカロリーを抑えることからも推奨されます。

 

また出来れば、冷たいコーヒーでなく、ある程度温かいコーヒーを飲むようにした方がベターです。

 

これは身体を冷やさないほうが、基礎代謝が落ちにくいので脂肪が燃えやすくなるからです。

 

コーヒーを飲んでむくみ解消と更に基礎代謝アップ効果

またカフェインには利尿作用がありますので、むくみ解消に効果が表れやすいです。

 

血行を良くする作用も報告されており、血流が良くなることは基礎代謝も上がりますので、その結果、痩せやすい身体となります。

 

これは血流がコーヒーを飲んだ人と飲んでいない人の運動したその後の結果、コーヒーを飲んだ人の方が30%も血流が増えたという研究結果がアメリカで発表されているのです。

 

つまり、血流が上がるということは身体の細部に酸素が行き渡るので、血液循環はより良いトレーニング効果が出やすくなると言えます。

 

つまり、運動するときなどにあらかじめ一杯のコーヒーを飲むことで、カフェイン効果により脂肪を燃焼させやすくする、利尿作用でむくみ解消、基礎代謝アップで痩せやすい身体を作る、というメリットがあるのです。

 

つまり、コーヒーの脂肪燃焼効果により、燃焼したそののちの老廃物はコーヒーの利尿作用により、体外に排出され、基礎代謝も上がるという、ダイエットには効果的な飲み物といえます。

 

ですから運動前のコーヒーは効果が高いといえるのでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

コーヒーを飲んで運動するとダイエットのメリットが沢山あります。

 

ですが、飲みすぎは胃を荒らしてしまうし、お砂糖や生クリームなどを入れすぎるのも効果が出にくくなります。

 

注意しながら、以上のことを念頭において運動前にコーヒーを飲んでくださいね。

関連ページ

体幹トレーニングの効果を上げて痩せやすい身体をゲットしよう
体幹トレーニングの効果とは何か?取り上げます。
ミッション!メタボを解消せよ!メタボ解消はここがポイントなのだ!
メタボ解消はこれがポイントです。
減量期の食事、何が必要で何が痩せやすくなるの?その秘訣は?
減量期の食事は何を取って、どのように食べればいいか?

ホーム RSS購読 サイトマップ